ふぉとの輪

写真を通してあなたとつながる

SONYの神レンズFE 85mm F1.8が気になる!

こんにちは!

レンズ沼の住民ちゅうです。

 

ぼくは以前、ニコンの中望遠レンズが気になるという記事を書いたのですが、メイン機をSONYに変えた今、当然SONY機の中望遠レンズが気になっちゃうわけです。

photo-no-wa.hatenablog.com

 そこで、注目すべきはSONYの神レンズと言う方もいるFE 85mm F1.8

今回はこのレンズの魅力に迫ってみたいと思います。

 

FE85mm F1.8の魅力に迫る!

f:id:photo-no-wa:20190418213519j:plain

出典:SONYホームページ

 

解像感が素晴らしい

f:id:photo-no-wa:20190418223359j:plain

このレンズ、写りがいいことで有名です。

特にピント面の解像度は素晴らしいの一言。

 

いろんな方の作例見たけど、充分すぎるほどの解像度ですね。

カリッカリに解像した写真が好みの方も安心だと思います。

個人的には作例を見てて、高画素機との相性もいいと感じます。解像感が際立つ。

 

レビューを見ても高評価のものが多く、上位であるFE 85mm F1.4 GMと比べても見劣りしないという方も多数いるようです。

 

使いやすい画角

f:id:photo-no-wa:20190418223514j:plain

中望遠レンズといえばポートレートなどに良く使用されますが、 85mmはやはり使いやすそうです。

中望遠によるボケは標準レンズしか持ってないぼくからすれば、ヨダレが出るほど羨ましい。

 

ぼくは子どもをよく撮るので、このレンズですぱっと目にピントを合わせバストアップの写真を撮りたい。

中望遠ということとF1.8を生かしてボケも楽しみたいですね。

 

ピント面はキリッと、でも、ボケもしっかりつけて立体的な写真を撮りたいなぁ。

 

コスパすげぇ!

f:id:photo-no-wa:20190418223236j:plain

このレンズが神レンズと言われる所以は、やはりコスパだと思います。

 

ここまで、このレンズの魅力を紹介してきましたが、これだけ素晴らしい描写のレンズでお値段なんと5万円から6万円

これは安いんじゃないですか?

ちなみに先程紹介したSEL 85mm F1.4はおよそ20万円

 

SONYさん…価格設定間違ったんじゃないの?

でも、修正しなくていいからね。

 

これは、ものすごいコスパだと思います。

 

まとめ

つまり、欲しいということです。

ただ、私は今、物欲の鬼と成り果てているので、簡単に決めることができません。

 

ボディも欲しい、レンズも欲しい…。日々悶々としております。

特にレンズは難しい。

 

この間、子どもの入園式に行きましたが、ぼくの場合、圧倒的に望遠域が足りない。

じゃあ、ニコンのダブルキットレンズの望遠ズームで撮れば?と言われそうですが、ぼくの腕だと、ちょろちょろ動き回る子どもをあのレンズとボディでうまくピントを合わせられる自信がない…。

なので、SONYの望遠レンズも欲しい訳です。

 

そんな物欲沼に頭の先っぽまで浸かっているので、もう少し沼の中で溺れてみたいと思います。

ブクブク…。